天天日記

中国好きのまっちゃんで、書いていたはてなダイアリーを引き継いでいます。

満州暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦

 この本は、先の参院選で”れいわ新選組”で立候補した安富歩さんて、どんな人だろうと思って読んでみた。そうしたらとてもいい本だった。

f:id:mm3493:20191017095316j:plain

 満州国という一時的な傀儡政権による国がどうして出来上がったのか。そこから先の中国への侵略が上手くいかなかったわけなどを、社会科学的に説明している。

 語りかけるように分かりやすい表現。と思ったらこれは講演議事録をもとに書かれていた。

 満洲が成立しえた理由は何か。それが崩壊した理由は何か。分かりやすい。そしてポイントは、表の帯にもあるように「なぜだれも(暴走を)止められなかったのか?」と、「現代日本には『満洲』が残っている」という点だ。

 裏の帯と中に「個人より立場を守ってすべてを失った大日本帝国の運命を今こそ知ってほしいと思います」とあるのは、現代に生きる日本人への警告だ。

 ほんとうは戦争を辞めるのがいいと思うのだが、「立場上」そうは言えない。ということで誰もいいと思っていないことがどんどん進められてしまう。

 現代日本満洲が残っているというのは、本来死刑にでもなるはずの、満洲で無茶をやらせた岸の子孫が、あろうことか首相をやっていることもあるが、その周りを「立場」で動く官僚たちが取り巻いていることだ。官僚だけではない、これは日本人の性癖だとしたら浮かばれない。教育の問題は大きい。

 現代人に対する行動分析はなかなか鋭い。指摘は「仮面夫婦」にまで及んだので、思わずどきっとする。曰く;

 結婚生活がギクシャクしてきたら、本来、選択肢は二つしかないのです。

・相互に理解しあうまで、とことん話し合い、ぶつかり合って本当の夫婦になる。

・離婚する

しかし彼らは、その先に新しい展開のあるこの二つの道のどちらをも選びません。ただ現実を動かさない「仮面夫婦」を続けます。

そしてこんなときのこの二人、夫も妻もよくつかうマジックワードこそが、

「私にも立場がある」です。

 本の中身はすべては紹介しきれないが、ほんとうによく出来事というか事象を、社会科学的によく分析している。あとがきでは、この本の元本があることが書かれている。「『満州国』の成立」という本で、共同研究の成果らしい。

 こういうものの見方をする人が、山本太郎氏と一緒に政治を見直そうとしているのか。というか、山本氏はよくぞこういう人を仲間に誘ったなという感じだ。冷静にものごとを見る目は正しい方向性が示せると思う。こう少しこの人の本を読みたくなった。

人生をしまう時間

 この前、天狗シネマという活動の映画を見たときに、このチラシを貰っていた。

f:id:mm3493:20191016205940j:plain

 あの時は「天のしずく」という体にいいスープを作る料理家のドキュメンタリー映画だった。そういう人たちが推奨する映画なので、さぞ面白かろうと気にしていた。

 タイトルからイメージしたのは、人生の終盤に「終活」なんて言葉もあるが、終わるとわかって何か充実した時の過ごし方などが出るのだろうかと思っていたら違った。

 実際に、高齢で、ほとんど癌で、自宅で亡くなってゆく人々に医療やケアを施す人々のドキュメンタリーだった。亡くなる患者も皆、実際の人々。見送る家族もそう。

 高齢者で、家族の方針とか本人の希望で、病院ではなく在宅で最期を迎えたいという人たちもいれば、経済的な理由でそうならざるを得ないケースも。

 涙無くして見られないのは、母親が先立ち、父親と娘の二人暮らしだったが、父親が癌で死んでゆく、その娘は子供のころの病気がもとで目が見えない。

 52歳の娘が癌で、病院から自宅に戻る。そばにいるのは母親。癌の末期なので、苦しかったり痛みが出たりする。訪問医は、痛み止めしか打つ手がない。

 どのケースも、患者と医師とのやり取りの場面があり、最後は患者が亡くなる。死に顔まで画面に出てくる。

 そこに至るまでの、医師と看護士、ケアマネージャーの人たちの心配りがとてもいい。

 チラシに写る人たちが、その人たちで、真ん中の白い上着の医師が、80歳の小堀鴎一郎医師。元東大病院の名外科医で、今は在宅の終末期医療に携わる。森鴎外の孫にあたるひとだ。

 もう一人が、このチームが所属する堀之内病院の院長でもある堀之内医師。やはり自ら訪問医療を行う。若いころは海外でおそらく「国境のない医師団」のようなところで活動していたらしい。インドでマザーテレサの”死にゆく人たちの病院”を見て、大きな影響を受けたということだった。

 この映画は、NHKBS1スペシャル「在宅死”死に際の医療”200日の記録」というドキュメンタリー番組をもとにしたもの。関連する本もある。映画館でも最近の本を売っていた。

f:id:mm3493:20191016215036p:plain
f:id:mm3493:20191016215049p:plain

 映画に出ていた小堀鴎一郎医師の本と、監督の下村幸子氏の本。私は映画見たから買わない。

 これは渋谷のイメージフォーラムで見た。25日まではここでやっているそうだ。その先はどうなるか分からないとか。

 ここに行ったのは、今日慈恵医大病院まで診断書を受け取りに行ったついで、わざわざ都心まで行くのでついでに何かどこかへと思った。渋谷で映画を見るなら、まずは昼飯を、孤独のグルメの渋谷版の店に。それが「長崎飯店」だったが、映画館とは反対側の坂の上。なので病院から近い新橋の長崎飯店に行ってみた。そしてら混んでいて待つことになり、2時の映画に結局間に合わず、ゆっくりコーヒーを飲みながら本を読んで時間調整。写真は新橋の機関車。

f:id:mm3493:20191016134630j:plain

 おかげでいい本がじっくり読めた。

 ところで、今日受け取った診断書はがん保険の保険金請求に添付するもの。受取人/請求者は妻になるため、受取口座も妻。なのでこれらを妻に渡したら、「自分で書け」と不満たらたら。癌で在宅死する人たちをいくつも見てきてこういう態度をとられると、自分はこの人に看取られて死ぬことは多分ないだろうと思ってしまう。

 入院しか保険金が出ない古いタイプの保険なので、今の状態ならもう入院することはまずないので、こんな保険要らない。今回の請求は、検査後悪化して1日だけ入院した、その分の請求。これを済ませたら、こんな保険解約しようと思っているが、今日の映画と妻の態度を見て、最後は病院のお世話になるかもしれないと考える。いやいや、延命治療のための入院はしないだろう。

 そんなこと考える暇があったら、もっと大事なことをして、残る、生かされている日々を過ごした方がいい。

日曜大工

 人生最後の日曜大工を実施中。というものの、今日は火曜日だった。でも確か日曜日から始めたよな。ともあれ作っているのはこれ。

f:id:mm3493:20191015161006j:plain

たためる机

 おおむね形が出来上がり、あとは微調整と仕上げということになったので、思惑通りできた姿を公開。なんちゃって。

 これは、長年使った勉強机を断捨離したので、代わりに折り畳みでちょっとしたとき、物書きとか、キーボードを置くとか(キーボードの足も捨てた)、友達とお茶する時とかに組み立てて使える机。上の板は、本棚だった時の棚板が2枚。これと足をバラバラにして置いておけるようにした。

 そういう簡単机を買おうとして、ネットで色々調べていたのだが、ベランダにほっぽり出された廃材を見ているうちに、この子たちにもう一働きして貰おうという気になった。そこで老体にムチ売って、のこぎり、カンナ、ノミ、やすりなどを駆使してここまで来た。道のりは長くなかったが、疲れた。

 おかげで昨日は、二胡を弾かなかった。そういう日があってもいいと、あえて弾かないでいた。しかし今日は練習中の曲を一当たりした。そうしないと体が忘れていきそう。

 今日は、大工はここまでにして、明日からぼちぼち仕上げを楽しみながらやるか。

 

 それと今日は、眼鏡を取りに行った。遠近両用メガネを使って久しい。今のメガネは8年前に白内障の手術をした後で作ったメガネの処方箋をもとに作ったもの。サラリーマン時代に最後に作って、「若返ったね」などと職場の若者から言われたものだった。

 それも手元がやや難しくなった。老眼が進んだらしい。ということで、近いところがよく見えるようにしようということでメガネ屋に行った。昔はメガネは結構高かったが、最近は技術の進歩のおかげで、軽くて、丈夫で、薄型の遠近両用が買える。

 この処方箋でいくつもメガネを作ったが、今回そこから少し変えてみることにした。

 行ったメガネ屋は、新しくできた店舗の眼鏡市場。どこに行っても、大差ないのは分かっているので、気に入ったフレームがあれば作ることにした。

f:id:mm3493:20191015190843j:plain
f:id:mm3493:20191015190917j:plain

 写真の左は、メガネを入れてくれた袋の図柄。猫がメガネかけるか。右が新しいメガネ。遠近両用なので、レンズの縦幅を従来より幅広にした。フレームは軽いチタン。ゴールドのメタルフレームはどうかと思ったが、品切れ。店員の女子が「グレーの髪にシルバーが合っている」などという。自分でそう思って試着していたところ、意見が一致したのでこれでいいか、ということになった。

 かけ具合、見え方、ともに満足。人生最後の日曜大工に、人生最後の眼鏡選定となるか。

街宣を見に行く

 昨日の講演に刺激されて、今日も少し行動しました。八王子の恥であるハギューダに物申したい人集まれ、という案内を見たので、八王子駅前まで行きました。

 が、ウチからの通常ルート(運賃最安ルート)は、京王高尾線を使うのですが、これが台風による土砂崩れのため不通。直通のバスは1時間に1本。残念ながら出かけない、と妻に話したところ、「短時間なら車でいけば」、とたまにはいいことを言う。1時間400円なら往復のバス代より安い。しかも駅ビルの駐車場に入れて買い物するという手もある。と思って出かけたら、車は多く駅ビル駐車場は満杯。それでも時間400円の駐車場に入れて、様子を見に行った。

 いつものマルベリーブリッジには人がいない。雨だし、やってないかと思いきや、駅ビルの入り口でビラを配っている女性がいる。行ってみると、昨日「平和を愛する文化祭」で隣の部屋で、こども向けのイベントをやっていた人だった。9条の会の人だった。やってる人はやってるんだなあ、と感じた。

 聞くと、ブリッジの下でやっているので、上に来た人に案内する係だとか。で、案内されて下に行ったら、演説をしていた。よこで配っているチラシを受け取って、しばらくして帰っただけ。チラシにはいいこと一杯書いてあった。

 まずは、恒例の毎月19日の八王子NO WARアクションの案内。

f:id:mm3493:20191014215246j:plain

 この日は、二胡教室の楽団で演奏に行く予定があるので失礼する。裏に書いてあることは、日頃政府に対して思っていることがまとめて書いてあった。

f:id:mm3493:20191014215259j:plain

 そしてもう一枚。さすが9条の会。憲法9条をなぜ変えてはならないか、分かりやすくポイントが整理されていた。裏は3000万署名用紙になっている。

f:id:mm3493:20191014215227j:plain

 昨日の話にもあったが、憲法9条に自民党案のように自衛隊を追記すると、国軍を正当化することになり、海外派兵もなんでもありになってしまう。

 お手本のコスタリカには、軍隊は無いが国内の治安維持のための警察はある。隣国との国境を守る国境警備隊もある。これは攻め込まれた時だけ防衛するためにあり、他国に侵略するための戦艦も戦闘機もない。

 日本の場合、海に囲まれているので、海上保安庁国境警備隊に該当する。

 なので、日本が現行憲法9条を正しく実行するなら、中途半端な自衛隊は名前を変えるべき。具体的には、まず海上自衛隊海上保安庁の指揮下に入る。そうすると日本の海域を見回る人員と船が増強されて、北朝鮮の船に対しても、もっと丁寧な対応ができるようになる。壊れた原発の汚水が流されないかもしっかり監視する役割を課すこともできる。

 陸上自衛隊航空自衛隊は、災害救助隊と名を変えて、災害時には即出動する。あほな総理の指示を待つまでもなく、それが仕事で、そのための装備をもって訓練をしている。航空自衛隊は、セスナと救助用のヘリがあれば十分。戦闘機は不要。格段に費用はかからない。

 これが正しい憲法9条の順守だ。と思うがどうだろうか。

台風と平和文化祭

 昨日、今日と平和文化祭の予定だった。が、台風のおかげで昨日は開催できていない。台風は、自分の家に関しては無傷で済んだ。小高い土地で、周りは鉄筋コンクリートの建物と樹木ばかりなので、ベランダのものが飛んで行かないように気を付けたくらい。河川の氾濫が全国的にひどくて、災害が続いている。

 

f:id:mm3493:20191013211025p:plain

 犠牲者の数は、この時より増えいている。千曲川阿武隈川という一級河川。日頃から洪水が危ないと言われていた那珂川。国の管理不行き届きとしか言えない。

 護岸工事の必要な個所についての調査はされているはず。なのにやっていない。なぜか。そこに使うべきお金で、オスプレイや戦闘機をアメリカから買っているのだ。国民の命を後回しにしている。

 そこで昨日は犬HKがさんざん、「命を守る行動をしてください」と言うではないか。国の宣伝機関がこういう言い方をするのが不愉快。その言葉、そのまま政府に言え。下記の投稿は、政府のやってることをお金の面でズバリ。

f:id:mm3493:20191013212244p:plain

それと、こちらも問題なのに、犬HKは川が氾濫した様子ばかり報道している。

f:id:mm3493:20191013212523p:plain

 

f:id:mm3493:20191013223023j:plain

 福島第一原発の汚染水。台風のどさくさに紛れて海に流す。そういうことをしっかり監視しないといけない。ここがどうなっているか、報道が無い。怒り心頭。

 とにかく八王子は台風一過で晴天だったので、平和文化祭は行われた。自分も朝から出かけて行って、夕方まで。しかし最寄りの電車(京王高尾線)は動いていない。車で送ってもらった。そういうこともあり、一般来場者は減ったのではないか。しかし色々な市民団体の共同主催なので、意識高い系の人たちとその関係者などで、結構人が来ていた。

f:id:mm3493:20191013192227j:plain

 私は二胡をもって、客寄せ係。13日の目玉は伊藤千尋さんの講演。

f:id:mm3493:20191013134345j:plain
f:id:mm3493:20191013144222j:plain

 この方の最近の著作はみな読んでいるので、話す内容は想定通りだったが、話が上手い。2時間があっという間に過ぎる。それでもまだ話したりないくらい、ご本人は聴衆に訴えたいことが山ほどある。自ら行動して知りえた事実で、日本の市民たちが何をしなくてはならないか、ガンガン語りかける。

 午前中は、日中友好協会の展示室で二胡を弾いていたが、午後の二時間はここに参加したいという私の希望が叶うように、二胡仲間が一人時間に間に合うように来てくれた。2時間、代わりに一人で二胡を弾いていてくれた。嬉しい限り。

 話の要点は次の通り。

カナリヤ諸島憲法9条の碑がある。世界に7つの日本の憲法9条の碑がある。憲法9条は日本だけのものではない。という話から始まり、

・アベ改憲案に騙されてはいけない。9条に2項として自衛隊を入れたら、国軍の存在を許すことになり、従来の憲法9条が意味を成さなくなる。国軍とは他国への侵略戦争ができる軍隊のこと。

・韓国や中国の庶民が日本人をどう見ているか。韓国済州島にある平和博物館、四川自身の時の日本の救援隊を中国の人々がどう見たか、等々。それと、早稲田大学名誉教授/東京YMCAアドバイザーの木村利人さんが、若いころフィリピンにボランティアに行って小学校で「幸せなら手をたたこう」という歌を作ったこと。そこを伊藤さんと一緒に再訪したら、歌い継がれていたことも感動秘話だった。

・日本と同様の平和憲法を持つコスタリカが、憲法をどのように生かしているか。具体事例をいくつも。つまり日本は、世界の国々に評価される平和憲法を持ちながら、飾っているだけで憲法にそぐわない政治を許している。ある意味これは民主主義国家の市民の怠慢だ、とまで強い言い方はされないが、そういうことだと受け取った。

・忘れてならないのは、新憲法に9条の軍隊放棄を入れる発案者は幣原喜重郎であり、決してネトウヨたちが言うような米国の押し付けでないということ。

・腐った政権のいいようにさせないために、我々市民がどうしたらいいのか。もっとスマホ使おう、なんて冗談も言ってた。とにかく明るく、あきらめずに運動しよう。腐ったメディアをあてにせず、(スマホで)情報発信しよう。ということが結びだった。

歌もいいらしい。

 明日からまた生きてゆく指針を気づかせてくれた講演だった。

沖縄・辺野古から考える、私たちの未来 玉城デニー

 今月1日に出たばかりの本。

f:id:mm3493:20191011214311j:plain
f:id:mm3493:20191011220502j:plain

 本書のなりたちというのが、まえがきのようなもので、ここにあるように早稲田に来て講演したときの内容を、沖縄県が出しているQ&Aを交えて本にしたもの。

 デニーさんの生い立ちから、知事に立候補するまで、知事になってからのこと。そして彼の本音の主張。写真やデータもある。裏表紙には、今年7月にロックフェスティバルに出て舞台で歌っている写真もある。

 大変な立場で活動をしているのに、暗さが無いところがとてもいい。

 ここで言いているのは、単に辺野古の新基地建設をやめてくれということではない。民主主義にのっとった、正しい政治をしてくれ。正しい政治をする政治家を選ぼうじゃないかということだ。つまり今の政府がやっていることは正しくない。民主主義にもとるということで、それはひとり沖縄の問題だけじゃない。もうめちゃくちゃ。

 今日は、この本を読みながら蒲田まで行った。そこで、東アジア文化フェスタというのをやっていた。日中友好協会が行う文化フェスタで2回目。

f:id:mm3493:20191011135130j:plain

 2時からの開演で指定席なので、開演前に蒲田で食事をした。孤独のグルメを実行しようというのでネットで調べたが、駅地下にはゴローさんが行った店がなく、お勧めででてきたスリランカ料理の店に行った。駅を降りると駅ビルに沖縄料理の店がレストラン風にあったので、沖縄の本を読んでいたところなので心惹かれたが、孤独のグルメチックではない。

 初心貫徹でスリランカ料理というところに行ってみると、客らしい人は一人。おばさんがいきなり3,4分待ってくれという。これはいかん、と思ったが中の説明などをみると、アーユルベーダとか言って、モニターではスリランカ紅茶のことをビデオで流している。もうやめようかと思って、「できないならもういいけど」と言ったら、「料理を温める時間が云々」と言うので思いとどまり、唯一のランチメニューを注文。

f:id:mm3493:20191011131909j:plain
f:id:mm3493:20191011133413j:plain

 食べ放題ではないが、お皿に自分で好きなだけセルフサービス。ワンプレートランチと書いてあったので行ったのだが、まあたしかに結果1枚の皿に盛りつけた。右の写真はデザートと紅茶。要するに体にいい食事というわけだろう。味は、エスニック風のスパイスが聞いているのでほぼ想定通り。香菜もたっぷり自分で入れたし。

 一応予定の行動ができたので、満足して会場に行った。

f:id:mm3493:20191011135023j:plain

 開演前なのに、この子たちが歌っていた。リハか、と思ったがあとでみんなで歌う歌の練習を兼ねて、プレオープニング。この写真を撮ったら、となりのババアが撮影禁止だという。プロのステージなら映像も有料なので勝手にとってはいけないということがあるが、素人集団の演芸会のようなもの。撮影禁止とあっても、本格撮影でなくスマホでバシバシはよくやっているところを見る。中国なんかすごい。

 それを関係者でもない人が、他人の行為を注意する。対して意味のないことも会場にそうかいてあるから、ということで他人の行動に口出す、一種の同調圧力。これが日本人の悪いところでもある。同調しないと村八分。ともあれ、ババアがうるさいのでしばらく写真はやめた。なので、ここには無し。

 出演者の紹介だけしとくと、まず宝田明氏。御年85歳。朝鮮で生まれ、満洲育ち、父は満鉄社員。帰国後ご存じ、映画や歌にという芸能人。しかしこの経歴で、戦争の悲惨を体験している方なので、最近はこういう場所での活動が多いらしい。「私の願い」という自作の平和を願う歌を歌った。満洲にロシアが侵入したときに被弾しているその傷が今も傷むそう。

www.youtube.com

 そのほか、中国の出し物は二胡、琵琶、太極拳、変面とおなじみのものが並んだ。お馴染みでないのは、南京から合唱団が来たこと。合唱団といっても平均年齢65歳のおばちゃん軍団。おじちゃんもいた。何でも退職者で構成された合唱団。中国の退職年齢は早い。退職してから色々な趣味を始める人がいる。その種の合唱団。

 ロシアからも民族音楽と舞踏のグループ。日本で活動しているグループらしいが、コサックダンスを目の前で見たのは初めて。バラライカの生音も初めてだった。カラフルでなかなかよかった。

 そして初めの写真の少女たちは、東京朝鮮中高級学校の合唱部。とても美しい声の響きだった。舞踏部も参加して、美しい踊りを披露してくれた。この合唱部の歌の前に代表の女の子が、日本における差別を残念に思うという意思表示をはっきりした。高校無償化の対象からはずされたことにも言及している。しっかりした子だった。この子たちは日本で生まれて日本で育っている。おじいちゃん達の台が、戦争中の徴用工だったりして日本に連れてこられて、日本で終戦を迎えた。ここで多くを語ることもない。

 日本からの出し物は、沖縄の踊りと再生の大地合唱団。最後に出場者全員で集合写真。

f:id:mm3493:20191011173923j:plain

 前列手前が朝鮮中高級学校の舞踏部のみんな。その後ろがロシアの民族楽団や二胡奏者、琵琶奏者、右側後列が南京からのおばちゃん軍団「南京市民芸術団」というらしい。

 この時期に、これだけの文化交流会ができたことは、とてもよかった。台風が来るというので、終わって仲間と一杯というのをやらずに通勤帰りの人たちに交じって帰宅した。

 冒頭にもどるが、辺野古新基地はもう工事が進んでるのだから、どうにもならないと思っている人は、この本を読んでもらいたい。

移住

 今日は市民センターの部屋を借りて、二胡友二人と練習会をしていた。出かけに郵便受けを見ると、挨拶はがきが1枚。何かと思うと、「移住しました」というお知らせだった。

 若かりし頃、業界の米国研修団で一緒だった知人からのおしらせ。確かこの人は晩婚で、子供が生まれたときに「孫みたいやな」と言っていたものだった。

 沖縄の中でも石垣島。どんなところかと思ってネットを見るとこんなところという写真が出てきた。

f:id:mm3493:20191010225447p:plain

 ゆめがある。妻は「台風のメッカ」だという印象しかないらしい。つまらない感想。

 完全移住か短期かは未定だそうで、名古屋の自宅はそのままとか。そう彼は名古屋に住んでいたんだ。名古屋がいやになったのか、子育て環境を求めてのことか。河村市長がいやになったのなら、選挙で落とす運動をすればいいのに。

 沖縄といえば、辺野古の問題で玉城デニーさんの本をよんでいるところだったし、ここを脱出するなら中国もいいが沖縄ってのもいい、と考えたこともあった。

 退職して移住する人はいる。ブログ仲間にもいるくらい。自然の豊かな場所といえば北海道。かこの沖縄。自分は暖かいほうが向いてる、夏男だったから。

 というわけでこの友人の動向はめが離せない。

「お近くにお出かけの折は、気軽にお立ちよりください」と決まり文句があるので、行ってみようか。知人を順に訪ねるのも悪くない。どうせ相手はヒマだ。