天天日記

中国好きのまっちゃんで、書いていたはてなダイアリーを引き継いでいます。

ラッキーな出来事

 福井県で活躍する、こばやし二胡教室の小林さんは、毎週月曜の夜10時からYoutubeの生放送で、「夜の二胡教室」というのをやっている。ご本人はお酒を飲みながらリラックスして、二胡のことを語る。その番組が今年の8月で2周年を迎えた。ということで記念のクイズ&プレゼントを行った。

 これは毎週楽しみに見ているが、最近は夜10時に寝床に入ってみていると意識がなくなることの方が多い。しかしYoutubeなので、後から追っかけで見ることはできる。二胡の話の内容もさることながら、小林氏の音楽観や人柄が出るところがいい。

 ともあれその2周年クイズに応募したら当選した。

f:id:mm3493:20190816215845j:plain

 以前も削った二胡の駒をらったことがあった。運がいい方。上記のメッセージと、二胡の竿に挟んで使うチューナーが送られてきた。ありがたやありがたや。

 ほかにも賞品があり、食べ物もあったので「食品はなるべく早くお召し上がりください」なんて書いてあって微笑ましい。いくつかの希望商品があった中で、KORGのチューナーが2個だったので、当選確率や、この種のものは持っている人が多いだろうから希望者も少ない。だろうと考えて、すなわち一応戦略を立てて臨んだわけだ。運は自分で呼びよせるものだ。なんちゃって大げさ。

 ところで、部屋を二胡部屋にするための断捨離は、遅々として進んでいる。昨日は、大事に本棚に並べていた本たちの多くを段ボール5箱にして、佐藤書店に持って行った。前に1箱渡したものが500円くらいになっているそう。しかし値段はあまり気にしていない。手放す本たちが適正に取り扱われて、また誰かの栄養になってくれるようにちゃんとしたところに並んでほしい。

 第1段階で大量に本の処分をしたときは、ブックオフだったり、手数料なしで送るとお金を送ってくるところだった。ブックオフはいかん。本を知らない若者がマニュアル通り値切っている。例えばもともとその店で買ったものを持って行ったら、「これは売れないので値段が付きません」だって。お前の店で売ってただろうバカ!

 送付用の段ボールを申し込んで、大量に送ったケースはダニエル・スティールのペーパーバックのコレクションだったが、まったく評価されず二束三文。

 というわけで、今回は日中友好協会八王子支部の佐藤さんのやっている古書店まで運んでみた。最初から面倒くさいと思わずここに行けばよかったかも。

 本の断捨離と並行して、CDも整理。これは、中身を出してプラスチックケースを破棄するという作業をした。CD本体と付属の紙類は100円ショップで求めたファイルに突っ込むだけ。これでかなりスペースが節約できる。そのうち中身を分類しなくっちゃ。そこまでやると、多少部屋のレイアウトを変えることができる。

 残った本たちを置くスリムな棚が欲しい。今までの本棚は、息子の下宿時代の棚を工夫したものだったが、これを正式に破棄して、新たに調達。もう手作り家具にはこだわらない。お値段以上のお店で、と思っていたが、そこも含めて今は家具すらネット販売している。写真でデザインを見て、サイズを確認したら決断できる。

 ほんと書類の次は衣類だな。人間関係の断捨離も実はある。これは何かのきっかけで縁遠くなっておしまい。ネットでできる人間関係もあるから楽しい。

 ともあれ断捨離はまだ道半ばだ。

昨日の敗戦記念日を振りかえる

 昨日の敗戦記念日に、戦没者追悼式典で新天皇天皇として初めてあいさつしていた。その中で、「深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、・・・」と、ちゃんと戦争を反省するのだということが入っていたので、まあいいかな。なにしろこの人はまだ慣れてないので、安倍に政治利用されないようにということが気になる。

f:id:mm3493:20190816104336p:plain

日本武道館にて

 で、昨日は敗戦にちなんだTV番組を見た。NHK二・二六事件について海軍側の記録があったということで、紹介していた。日頃は犬HKとして政権に不都合なニュースは流さないなどしているが、この種のドキュメンタリーは事実を知るツールとしては見るに耐えられる。

 ニ・二六事件が制圧されるのに4日かかっている。その理由は、このドキュメンタリーによると、陸軍トップが蜂起した兵隊たちの行動を当初是認したことと、天皇の迷いがあったこと。らしい。

 陸軍の上層部は、決起した青年将校の剣幕に押されて、NGを即答できなかった。というあいまいな態度が問題。天皇陛下も、天皇中心の世の中にするという決起の趣旨を聞いたときに、「海軍の将校たちは合流しないのか」と海軍の上層部にいる皇族に尋ねたらしい。ここで、海軍は「それはない」ことをはっきり言う。

 最終的に天皇は蜂起した行動にNGを出すが、この時点で海軍も蜂起に参加するとなったらどうだったのか。陸海軍の頂点に自分だ立ち、権力の座につくという選択に心が動かなかっただろうか。天皇は、後になって自分の経験した二つの場面が心に残ると言っている。一つが8月15日の敗戦の宣言で、もう一つがこの二・二六事件だそうだが、どういうつもりで心に残るのかは分からない。

 いずれにしろ、かつての欧米の植民地政策も、それを真似しようとした日本の軍国主義的な拡大政策(侵略)も今となっては時代錯誤。

 民主主義は必然的に平和を求める。武力による平和はあり得ない。それは力が均衡している状態が戦争が無いというだけ。

 ちゃんとした民主主義の平和な世の中は、まず戦争をちゃんと反省することから始まる。それが日本はできていない。

 ドイツは、ナチのしたことを反省している。なので被害国との間で戦後問題が再燃するという話は聞かない。ネオナチなんてのがまだいるが、これが政権を持つことは無いfだろう。それに比べて、日本は平和憲法を持ちながら、ネトウヨを従えたA級戦犯の孫が総理だって。まともに民主主義を理解する国ではあり得ないでしょう。

 

進まない断捨離を進める

 二胡を教える相手が二人になって、いよいよ自分は二胡に専念していこうかとも思う。というわけで、自分の部屋をさらに二胡部屋にしていきたい。2,3人ならここで練習できるように。

 せっかくなので、乱雑なままではなく中国茶を味わいながら二胡談義ができるような部屋にしたい。それには更なる断捨離が必要。主には本と衣類。

 本はかなり処分したが、まだまだ残っている。読み終わった本を書棚に並べてどうするのか。よおく考えてみよう。いい本だった、からといって手元に置いておいてどうしてももう一度読みたい、または何か書く時の参考書になるというもの以外は、いかにいい本でも他に持って行って、他の誰かに読んでもらった方がいいのではないか。それが息子たちだったら嬉しいが、子育て中でとてもじっくり本を読むスタイルではなさそう。

 いづれ自分がいなくなった時には、息子たちが処分するのだろうということで、その手間を省くためにも断捨離が好ましいだろう。

 整理した後の書棚や、学生時代からの机も処分かな。代わりにお値段以上の簡単な棚とパソコン机を調達するか。

f:id:mm3493:20190811094836j:plain
f:id:mm3493:20190811155516p:plain

 右側の写真は、10月のイベントをもらったので共有しておきます。この大西さんという方は、慶応大学の教授で日中友好協会東京都連合会の副理事長かなんかをやってもらっている人。こういうイベントも市民センターで行われる。

 市民センターは便利。その名が表す通り市民が集まってくる場所。八王子にけっこうあるのが最近分かり、実は二胡の練習場所に昨日一か所予約してきたところ。

 自分の部屋が使えれば、これも使わなくて済むし、部屋が片付くのでやはり断捨離するぞー。niko

原爆投下から74年

 うかうかしているうちに、8月6日、9日と、広島長崎に原爆が落とされた日が過ぎようとしている。74年が経過。

 日本は世界で唯一、原爆が投下された被爆国で、多くの犠牲者を出した。米国は原爆投下直後に、人体への影響を調べるための調査団を送り込んだ。調査だけで治療はしなかった。人体実験だったことが分かる。

 そういうことを覆い隠して、あるいは目をつむって、米国に媚びを売って生き残った昭和天皇と一部のA級戦犯たち。それらが、いまだに日本の支配者然として偉そうにしているだけでなく、戦争を引き起こした日本政府が二度と同じ過ちを犯さないようにとの反省から制定された日本国憲法、これに従おうとせず、骨抜きにした政策を実施し、それを正当化するための憲法改定をしようとしている。

 しかも、核兵器開発につながる原発を、人災であった事故後も尚辞めようとせず、事故の終息のめどが立っていないにも拘らず、コントロールされていると嘘をついて他国に売り込みをする。そういうものに日本の政治を任せてはならない、ということは普通に考えれば誰もがそう思うはずのところ、安倍を支持する又は容認する、或いは利用しようとする者たちがいる。

 国家公務員は、優秀な人材の就職先としてはかつてに比べて人気が無くなっているらしい。そりゃあそうだろう。こんな政権に顎で使われるような仕事はしたくない、と正常な人間なら思う。そう思って官僚をやめた優秀かつまともな人たちもいる。

 官僚組織だけでなく、マスコミも酷い。小泉進一郎が婚約をした?それがそんなに大事なニュースか?いい年して出来ちゃった婚首相官邸前で記者会見?ただでさえ政治家として何の実績もなく、学歴詐称世襲議員出来ちゃった婚で騒ぐのはおかしくないか?偏差値40の関東学院大学から、コロンビア大学に入れる訳がない、と米国在住の人が言ってる。

 ま、自覚のないバカに「バカ!」と言っているだけではどうにもならない。まともな政治家やジャーナリストもいるってことがよく分かっている。そういう人たちの活動を支援するのが心あるロートルの役割ではないか。

 それにつけても、子供たちがどういう大人に育ってゆくのか。これは地球の未来を決める大切な問題だ。その教育費が削られてることも腹立たしい。早く政権交代を実現する動きをしないと。それも自民党に揶揄されるような中途半端な野党はダメ。新しい風をさわやかに沢山、おおきく吹かせなくっちゃ。

f:id:mm3493:20190809225455j:plain

留学生の自画像と思しき絵

 ちゃんとした若い世代が育つように。世界の若者をウォッチ!

www.fnn.jp

孫と過ごした三日間

 3人の孫娘の真ん中のリンが小学1年生になって、今年は子供たちだけで八王子で夏休みを過ごそうという話になっていた。2年生、1年生、保育園の4歳児の三人。試しに三日間。

 7月31日に府中と横浜に連れに行って、土曜の今日8月3日まで。どうなのかと思ったが、親が心配するほど子供たちは親を恋しがることなく、楽しく過ごした。

 8月1日の1日目は、午前中は近くの公園で普段と同じように遊び、午後から「夕焼け小焼けふれあいの里」というところに行ってみた。

f:id:mm3493:20190801135944j:plain
f:id:mm3493:20190801141802j:plain
f:id:mm3493:20190801161303j:plain

 駐車場から橋を渡ると入り口がある。はじめはお出かけに渋っていた子供たちも、入り口を入ってすぐにアスレチックの簡単なものがあるのを見て、すぐに飛びつく。

 その横にはポニーやヤギ、ウサギなどの動物たちがいた。

f:id:mm3493:20190801142652j:plain
f:id:mm3493:20190801142848j:plain
f:id:mm3493:20190801143017j:plain
f:id:mm3493:20190801143517j:plain

 はじめは恐るおそるヤギをみていたが、おとなしい様子がわかって手を伸ばして触ってみる。ヤギの乳しぼりをするところも見ることができて大喜び。

f:id:mm3493:20190801144452j:plain
f:id:mm3493:20190801161013j:plain
f:id:mm3493:20190801160939j:plain

思い切り地面に落書きをしていい場所があり、木の動物にまたがってポーズをとって遊ぶ。

f:id:mm3493:20190801150917j:plain
f:id:mm3493:20190801150854j:plain
f:id:mm3493:20190801151219j:plain

 中に入ってゆくと、水車が回る横には中に入れる小川が流れている。ここで一人滑って転んでびしょぬれ。後から温泉に行く予定で着替えを持っていたので問題なし。

 ここで遊んだあとで家の近所の温泉に。

f:id:mm3493:20190801182235j:plain
f:id:mm3493:20190801184324j:plain
温泉で

 温泉に入ったらまず牛乳を飲む。それからご飯。フワトロオムカレーは、子供にはカレーが辛すぎた。一番チビ太はお子様ラーメンセット。

 家に帰ってから、小学生たちにはドリルをやる時間を作る。チビ太は1年生の算数の初めの部分を与えてみる。

 翌日は庭でプールタイム。

f:id:mm3493:20190802105709j:plain
f:id:mm3493:20190802111643j:plain
f:id:mm3493:20190802112716j:plain
プールタイム

 みんなレディで、日差しが気つので水着の上から着るガウンを着たまま。もうこのプールは小さい。チビ太一人用だな。

 プールの後の午後からお買い物。

 3人おそろいの服や靴を考えていたが、いざお店に行くとみなほしい服が違う。もうそういう年ごろなんだなと感じる。大人の趣味でなく、自主性を尊重して好きな服を二三枚と靴を選ぶ。靴はピンクのアディダスとか、ブランドを知っていてそういうのにこだわる。

 本屋さんでは、チビ太用のドリルも買う。ついでに筆箱やぶり絵の本を欲しがる。

f:id:mm3493:20190802202713j:plain

 夜のドリルタイム。二日目。なんだか知らないがうんこドリルというのが流行っていて汚らしい。これはいったいどういう現象なんだろう。

 この日が3泊目で、本日親たちが迎えに来てそれぞれの週末の生活に戻った。

 

 この三日間。自分の体調は問題なかった。夜は疲れているせいか、トイレに起きる回数が減った。昨夜はゼロ回。これって体にいいのかもしれない。

 こうして三日間過ごしているうちににも世の中は動いている。8月1日に参議院の初登庁があり、れいわの二人が話題を呼んだ。

 会議場のバリアフリー化という設備の問題だけでなく、活動に必要な介助費用が就業時に公費負担がされないという問題も明らかになった。

 いまだにこうした障害者の活動のために公的費用つまり税金が使われることにケチをつけるやからがいる。単にけち臭いというだけでなく、人間の尊厳を分からない浅薄な人間と言わざるを得ない。

 しかし国会にはもう風穴があけられた。山本太郎はえらい。

f:id:mm3493:20190803164850j:plain



 

二胡の本など

 明け方に靴が壊れた夢を見た。これは、今日は出かけない方がいいという天の声に違いない。ということで、在宅を決め込む。本来は二胡友の二胡の演奏を聴きながらランチできる日だった。が、その方もご不幸があって本日参加かどうかは不明。悲しみくれているところに今日はどうすんの、と聞くのもはばかれる。

 二胡の話は尽きない。最近借りた二胡の本。「張韶老師の二胡講座 下巻」

f:id:mm3493:20190730110259p:plain

 上巻もあるが、そちらは現在品切れで買えない。理論編らしい。譜面編がこちら。著者の張氏は2015年にお亡くなりになっている。弟子の二人が翻訳している。

 最近在日の若手二胡教師が本を出していて、読んだ人から頂いたのがあるが、日本語が変ということもあり、パラパラ見で終わっている。それに比べると、こちらはいい。

 譜面編だけで、入門から独奏まで練習曲と練習の仕方の説明がでている。初心者に教えるときの参考に随分なる。

 結局二胡という楽器を操るのは手と指。手と指は体から生えている。なので、体を健康に維持して手指をいい音色が出せるように訓練する。という視点が中心。そして曲については、その曲ができた背景に触れて表現力をつけようとする。完璧。

 練習曲は、簡単なものから難しいものまで。そういう本はいくらもあるが、簡単な練習といっても、どの指の練習なのか、弓のどの辺を使うといいか、弓のどういう動きの練習なのか、という説明がある。とその曲をちゃんと弾けると、そこに示された二胡のその技をマスターしたことになる。という達成感、あるいは教えるときの生徒の進歩の確認ができる。さっそく活用してみるかな。

 

 話は変わって、今日の東京新聞によると辺野古の工事業者を防衛省は開示しない。省から請けているのは、大成や鹿島など大手ゼネコンであるが、「施工体系図」というものはその下請け、つまり実際に工事をする会社が載るが、そこがすべて黒塗りにしてある。あきれてものが言えない。

 

 「避穀」して仙人になるか。「避穀」という言葉は、十八史略を読んでいて、劉邦の知恵袋であった張良が、劉邦の天下となったときに引退をしたくて仙人になりたいと思ったくだりで知った。この世の出来事から自分を遠ざけた仙人のような存在になるには、穀物を避けるという「避穀」をしまくてはならないらしい。まさに、カスミを食べる存在だ。

 しかし穀類だけを避けるのならワシでもできる。本来木の実を食べていた人類の祖先に倣うことで、過食や飽食の結果のメタボから解放されるんじゃないかな。

7月最後のボランティアと日産自動車

 まごりんのひいおばあちゃんがお世話になっている施設に二胡のボランティアに行った。3月に初めてこの種のボランティアをやったところで、ここはそれ以来2回目。

 前回は5人で行ったが、今回は3人。5人は多すぎのきらいがあったな。

持ち時間1時間で、前半を演奏、後半を歌というパターン。板についてきた。演目は7月はいつもと同じ。

f:id:mm3493:20190726133733j:plain

けいあいの郷今宿

 3月の時と今回ではフロアが違った。今回は認知症がかかった人たちの病棟ということだったが、反応の仕方は様々。デイサービスの施設で慣れているので特に違和感がなかった。リンのひいおばあちゃんも、別のフロアから見に来てくれた。元々この人のためにここに来たのだから、そういう風に手配してもらわないと。単なるボランティアなら、こんな遠くまで来まへんがな。

 付き合ってくれた横浜方面の二胡友二人には感謝。感謝の意を表して、八王子コーヒーを手土産にしておいた。

 以上は予定の行動。さて、今朝の新聞では日産自動車が業績悪化で人員削減という記事があった。

 業績悪化の原因は、車が売れない。特に欧米での販売が落ち込んだ。ゴーン騒ぎが起きて以降の販売台数が激減。当たり前だろう。容疑の段階で逮捕し長期間の拘束。そういうことをする会社の自動車を買おうという人はいない。やっているのは会社ではなく検察だ。などという屁理屈は通用しない。みなグルであることは誰の目にも明らか。だからこういう結果になる。

 もともと日産は破綻寸前でゴーン氏が送り込まれ、立て直しが図られた。立て直ったら追い出そうということでやっていたら、車が売れなくなった。自業自得。

 困るのは労働者。1万2500人の削減だって。その内訳はどうなっているのだろう。契約社員という名の非正規労働者外国人労働者ではないか?生産工場を持つ会社なので、そういう人たちが多いはず。更には、部品を納入する下請け業者も生産規模を減らさざるを得ない。影響はもっと大きいはず。

 本来なら、労働組合がそういう理不尽な首切りに待ったをかけるとか、歯止めをする立場なのだがどうなってるのか。整理するのは海外の生産拠点中心になるだろうが、現地の外国人なら整理してもいいとでもいうのか。外国人労働者そのものだけど。

 西川社長というのは、こういう状態でゴーン氏以後の整理が終わったと退職金をもらって逃げ出す構えもみせている。典型的な日本人会社。